つらいめまいを耳鼻科で処方されたメリスロンで治しました。

めまい、つらいですよね。

まずは家族に助けを求めましょう。

主婦の方なら、家事をしなくてよいように手伝ってもらったり、せめてお茶の一杯でもいれてもらってゆっくり休めるような状態にするだけで、気持ちが楽になりめまいも軽くなると思います。

めまいと戦っているときに「ご飯まだ?」とか言われたら悲しくなっちゃいますよね。

無理をしないでご飯もつくってもらいましょう。

一人暮らしの方だったら、日持ちする食べやすいものを用意しておきましょう。

とにかく、自分が体調が悪い状態を責めないことが大切なんです。

私は数回激しいめまいにおそわれたことがありますが、めまいから吐くのがセットになっているので用心しています。
吐くとなんだか精神的にもダメージがある気がして、つらいんです。

たとえば明け方めまいの不快感で目がさめても、無理に起き上がると吐いたりしますから注意が必要です。

しばらく横になったまま状態が落ち着くのを待ちます。

季節の変わり目などは脱水でめまいがすることがあるようですから水分をとって、しばらく様子をみます。

吐き気がしなかったら、消化が良いものを食べます。

それでもめまいがおさまらなかったら医療機関を受診します。

私は耳鼻科で診察をうけます。

耳鼻科ではめまいの薬のメリスロン錠6㎎を処方されることが多いです。

内耳の血流を増やし回転性のめまいを和らげる薬です。

耳鼻科の先生には睡眠を十分とり、疲れをためないように指導されます。

心にゆとりをもつこともめまい予防には大切なんだそうです。

ストレッチやウォーキングを心掛けたら以前よりめまいで寝込む回数が減りました。

いちどめまいを体験するとあのなんとも言えない具合の悪さはトラウマになりますが、最近は 大丈夫、一日休めば治るんだと自分に言い聞かせてめまいに打ち勝っています。

私はぐるぐるめまいを漢方薬やトラベルミンで応急処置をしています。

わたしの場合、パソコン画面を見過ぎたときや雨降りや台風など気圧の変化が激しいときにめまいが起きます。

ぐるぐると目が回るような感覚で、頭を少し上げた状態でじっとしていると少し治まりますが、動こうとするとまた回るような感じです。

漢方薬を試したり、冷えを取ったりといろいろめまいをはじめとする体質改善に取り組んだ時期があります。

漢方薬は街の漢方薬局で薬剤師さんに相談して処方してもらいました。

効果はあったのですが価格も高価で継続できず断念しました。

冷えとりはちょうど流行中だったので、シルクの靴下を購入して重ねばきしたり、砂糖や刺激物の摂取を控えたり半身浴をしたり一年ほど続けました。

しかしシルク靴下が品薄になって手に入りにくくなりこちらもやめてしまいました。

どちらも続けていれば体に良いことはわかるのですが、飽きっぽい性格もあり続きませんでした。

しかし、しばらく体に良いことをしてきたせいかしばらくめまいで困ることがありませんでした。

体質改善されたのかもしれません。

あれからしばらく経ちますが、めまいは年に2、3回くらいに減りました。

つらいときは市販のトラベルミンなどの酔い止め薬で応急処置しています。

また余裕ができたら体質改善にチャレンジしてみようかと思っています。

(東京都 ぐるぐる子さん)