梅雨時のめまいは自宅で簡単な目の運動で治します。

視界が回り、吐き気も伴い歩けなくなってしまう。

字を読んでいる時、振り返った時、車に長時間揺られた時など、めまいを起こす場面はいろいろで、症状も様々です。

「耳」が原因となっているらしく、気圧も関係するため、特に梅雨の時期症状が重くなります。

そんなめまいの解消法として、私は自宅で簡単な目の運動を行っています。

まず、両親指を立てて腕を肩幅で伸ばします。

目だけを動かして左右の親指を交互に見ます。

それを20回行います。

なるべく早くリズムよく行います。

次に、両腕を顔の前に伸ばし縦に開いて、同じように親指を立てて目だけで交互に見ることを20回繰り返します。

こちらも早めに行います。

それが終わったら、右手の親指を立て腕を伸ばし、左手で頭が動かないようにあごを押さえます。

右手を左右に動かして、指先を目で追います。

こちらはゆっくり目で20回行います。

次に右手を上下に動かして、同じように20回、目だけでゆっくり追います。

また、右手の親指は動かさないまま、頭を左右に動かし、親指一点を見続けます。次に親指を横に寝かせ、首を上下に動かしその親指を見つめ続けます。

どちらも20回行います。

これで終わりです。

また、漢方ではめまいに良い食材として、エビや黒ゴマ白ゴマがあげられ、夏枯草のお茶も良いと言われています。

運動と食事を合わせて行い、よりめまいに強い体が作れるように頑張っています。

(東京都 ぐるぐるさん)

目眩体操でめまいが軽くなりました。

私の家族は、父も母も、姉も私もよくめまいを起こします。

唯一、大丈夫なのは弟ぐらいかな。

なので、父は健康番組で「めまい特集」などがあると、必ず録画をしてみせてくれます。

私が一番めまいが酷かったのは30代前半の頃。

急にぐらりと来たかと思うと、立っていられなくなるほどにめまいがして、吐いたり、下ったりで忙しかったです。

その時は、トイレの前で横たわって、吐きそうになったら、這いずって便器前に移動する、という感じでした。

1週間位は横になったままだったかも。

でも、いろいろと情報をしいれたりして、目眩体操を実践するようになってからはそこまでひどくなる事はなくなりました。

私が実践している目眩体操は、仰向けになって天井を見ている状態で10秒。

それから、右を向いて10秒。

次はまた頭を戻して、天井を見てい状態で10秒。

次は左を向いて10秒。

次はまた頭を戻して天井を見ている状態で10秒。

こんな感じの繰り返しで、左右10回位、寝る前にやってます。

途中でいつの間にか眠ってしまっている事も多いですが、明らかにめまいがで伏せる率は減っているので効き目があると思います。

もっとも、めまいの原因は、いろいろとあると思いますので、まずは病院に行った方がいいと思いますけどね。

(茨城県日立市 ぴよさん)