頭部を動かす時に起こるめまいの治し方

初めてめまいを体験したのは30代半ばになってからです。

前触れもなく、ある日、夜中に目が覚めて、起きあがろうとした時に、グラッときました。

初めてだったので驚き、本当に大げさでなくで死ぬかと思いました。

再び寝ようと枕に頭をつけようとするとグラッとなるので、仕方なく、ソファに体をもたれかけて、朝まで仮眠しました。

朝になって、どうもなかったけれど、急に後ろを向いたりすると症状が出るので、運転するのも怖くて、数日後に少しおさまってきてから総合病院に行きました。

内科や脳外科で検査しても異常がなく、耳鼻科に回され、そこでも異常はありませんでした。

診断は、更年期のストレスによるものという事で、「いろんな事があるだろうけど、自分が好きなことをして見てください」というアドバイスをいただきました。

それを参考にしながらすごしました。

すぐには収まらなかったですが、私の場合は、たいてい頭の位置を急に変える時に起こりました。

昼間は急に頭の角度を変えないように、頭を動かすときはゆっくりと動かしていました。

また、寝る時になりがちなので、枕を普段の2~3倍の高さにして寝ました。

そうこうするうちに、徐々に症状は収まって、ひと月くらいで症状は出なくなりました。

(山口県 くっきー子さん)

義母がめまいに苦しんでいましたが、いつの間にかめまいが消えていました。

義母が突如襲ってくるめまいに苦しんでいました。(59歳~60歳の頃)

めまいからくる吐き気もひどかったようです。。。

更年期障害かもしれないということで、病院でお薬をもらい、服薬していましたが
(薬の名称はごめんなさい、わかりません。)
一向に治る気配はありませんでした。

でもいつの間にかめまいが消えていたそうです。

今は、原因不明のしびれに苦しんでいます。。。

私個人的な意見ですが、義母は間違いなく働きすぎです。

義父の会社を手伝っており、もちろん家事もこなしています。

義父の会社は、年中屋外で力仕事を強いられる業種です。

真夏も真冬も外で働いています。

横暴で理不尽な義父と24時間一緒に居て、いつもいつも怒鳴られています。

身体も精神も限界を超してしまっていて、麻痺しているのだと思います。

例えば39度の熱が下がった翌日も、現場仕事に連れて行かれ、それを当たり前だと思っているのですから。

だから、ゆっくり眠れた翌日は「調子がいいわー!」と言っていました。

めまいにはいろいろな原因があるのだとは思いますが、まずは睡眠、そして心身ともに健康的な毎日を楽しく送ることが一番の対処法になるのではないかと思います。

晴れやかに人生を送りたいものです。

(岡山県 らんさん)