めまいを医師の薬(セファドールとメリスロン)と自己ケアで治しまた。

注目

メリスロンの通販サイトはこちら
▼▼▼クリック▼▼▼

私は、病気で方耳が聞えなくなって、めまいがおこるようになり、耳鼻科に行きました。

医師が処方してくれた薬は、セファドールとメリスロンだったのです。

セファドール

メリスロン

私の場合、薬を飲むだけではめまいがよくならなかったために、自己ケアを考えました。

まずは、半身浴をして体を温めて、耳、首、肩のこりをとるようにお風呂でマッサージをしたのです。

さらに、体に悪いものがあると考えて、足の毒だしシートをはって眠る毎日を過ごしました。

そして、めまいはクビを冷やすことが原因と思って、冬はもちろん、夏でも冷房があって寒いためにスカーをクビにまいてすごしたのです。

そんな毎日を過ごしましたら、めまいがあまりおこらないようになりました。

さらに、血のめぐりをよくするといわれているサプリメントの田七人参を飲みました。

めまいは、人にわからないのですがつらいものですよね。

私は、原因がはっきりしていました。

そして、耳鼻科医の薬ではなおらなかったので体を徹底的に温めることを考えたのです。

もちろん、めまいの原因をまずつきとめる必要があります。

それで、異常がなければあなたにあった体を温める生活をすればめまいはなおります。

また、めまいは耳の異常といわれています。

しかし、東洋医学では体の血のめぐりが悪いからおこると考えられているのです。

もちろん、医師の薬は飲んで、それでよくならなければ、血のめぐりをよくすることを考えることが大切です。

(愛知県、ななこさん)

>>セファドールの購入先はこちら

>>メリスロンの購入先はこちら




頭の中が大回転して吐き気を催すめまいを耳鼻咽喉科に行って治しました

軽い「めまい」は時々起きます。

結婚して、育児に疲れている時になる事が多いです。

「めまい」と言っても、いろいろなタイプがあり「ふらつき」のように、頭がフワフワした、地に足が付かない感じになる事もあります。

また、見てる景色や天井がグルグルと回転してしまい、気持ち悪くなり吐き気を催すものもあります。

一番「めまい」が大変だった時は、今から3年程前の夏の朝でした。

いつもの様に起床して、朝食の準備をしようと布団から起き上がり、歩こうとした瞬間でした。

歩いていく向こう側の景色が斜めになり、真っすぐに歩けず、唯布団にうなだれる様に倒れこみました。

これは「めまいが来たな」と確信して、少し治まるのを待っていました。

しかし10分しても、一向に治まりません。

少しでも頭を右、あるいは左へ向くと、たちまち見る景色が「大回転」しました。

そのせいで、気持ち悪くなり、吐き気が出てきたのでトイレへ。

ですが、隣のトイレさえも頭の中が回転して真っ直ぐに行けないし、気持ち悪いしで散々でした。

これはどうしようもない!と思い、主人を起こしました。

1時間ほどで、ようやく「大回転のめまい」は落ち着きました。

ですが、脳がおかしくなってしまったのかも。

ととても不安に思いました。

その日に、主人が車で耳鼻咽喉科へ連れて行ってくれました。

検査をしましたが、大きな病気ではなく疲れやストレスからくる「大丈夫なめまい」でした。

めまいを早く治したいなら「出来るだけ自分で頭を振ってフラフラさせるといいよ!」と先生は言ってました。

めまいが酷いと吐いてしまうため、メリスロン錠・トリノシン顆粒・メチコバール錠など、吐き気止めの薬やめまいの薬を処方してくれました。

メリスロン錠

トリノシン顆粒

メチコバール錠

めまいは、薬を飲み始めて、3日ほどすると自然と無くなっていきました。

自然に治るものですが、仕事や育児に支障が出るならば、病院(耳鼻咽喉科)へ行くのが良いと思います。

どうしても、病院に行けない方は通販で購入することもできます。

>>メリスロンの購入はこちら

>>トリノシン顆粒の購入はこちら

>>メチコバール錠の購入はこちら

(大阪府 ウグイスさん)




めまいは耳鼻科で処方してもらったイソソルビドで改善しました。

まさか自分がめまいするようになるとは思っていませんでした。

食事をしていて、なんだか座っているのに、ふらふらするような感じ。

なんだろうと思いながらも食事を続けようとしていましたが、もう眼が開けていられないような感じ。

なんだかわからず、自分の状況がわからなくって、とりあえず肘をつき休んでいましたが、ますます状況は混乱。

自分がめまいしているという感覚はなくって、とにかく目が開けていられない。

これは大変と思って、そのままベットに転げるように移動。

横になって初めて、自分がめまいしているんだと自覚。

横になって、目を閉じていると何となく状況は落ち着いてきている感じがする。

よくなったかなって、思って目を開けると、やっぱり具合が悪い。

それで目を閉じていると何となくいい感じがする。

それを何回か繰り返していましたが、ちょっとの時間でよくなろうと思うと焦って、どうにもならなくなるとあきらめた。

そこで、ずっと休んでみることに。

横になって寝いていること数時間。

すると何とか目をあいていられるし、ゆっくりと動いていれば、何とか自分のこと自分でできる感じ。

結局、耳鼻科に受診しました。

水がたまっているのだろうという事で、イソソルビドっていう内服薬が処方となりました。

数日内服して改善しました。

(秋田県 みまさん)




頭部を動かす時に起こるめまいの治し方

初めてめまいを体験したのは30代半ばになってからです。

前触れもなく、ある日、夜中に目が覚めて、起きあがろうとした時に、グラッときました。

初めてだったので驚き、本当に大げさでなくで死ぬかと思いました。

再び寝ようと枕に頭をつけようとするとグラッとなるので、仕方なく、ソファに体をもたれかけて、朝まで仮眠しました。

朝になって、どうもなかったけれど、急に後ろを向いたりすると症状が出るので、運転するのも怖くて、数日後に少しおさまってきてから総合病院に行きました。

内科や脳外科で検査しても異常がなく、耳鼻科に回され、そこでも異常はありませんでした。

診断は、更年期のストレスによるものという事で、「いろんな事があるだろうけど、自分が好きなことをして見てください」というアドバイスをいただきました。

それを参考にしながらすごしました。

すぐには収まらなかったですが、私の場合は、たいてい頭の位置を急に変える時に起こりました。

昼間は急に頭の角度を変えないように、頭を動かすときはゆっくりと動かしていました。

また、寝る時になりがちなので、枕を普段の2~3倍の高さにして寝ました。

そうこうするうちに、徐々に症状は収まって、ひと月くらいで症状は出なくなりました。

(山口県 くっきー子さん)

つらいめまいを耳鼻科で処方されたメリスロンで治しました。

めまい、つらいですよね。

まずは家族に助けを求めましょう。

主婦の方なら、家事をしなくてよいように手伝ってもらったり、せめてお茶の一杯でもいれてもらってゆっくり休めるような状態にするだけで、気持ちが楽になりめまいも軽くなると思います。

めまいと戦っているときに「ご飯まだ?」とか言われたら悲しくなっちゃいますよね。

無理をしないでご飯もつくってもらいましょう。

一人暮らしの方だったら、日持ちする食べやすいものを用意しておきましょう。

とにかく、自分が体調が悪い状態を責めないことが大切なんです。

私は数回激しいめまいにおそわれたことがありますが、めまいから吐くのがセットになっているので用心しています。
吐くとなんだか精神的にもダメージがある気がして、つらいんです。

たとえば明け方めまいの不快感で目がさめても、無理に起き上がると吐いたりしますから注意が必要です。

しばらく横になったまま状態が落ち着くのを待ちます。

季節の変わり目などは脱水でめまいがすることがあるようですから水分をとって、しばらく様子をみます。

吐き気がしなかったら、消化が良いものを食べます。

それでもめまいがおさまらなかったら医療機関を受診します。

私は耳鼻科で診察をうけます。

耳鼻科ではめまいの薬のメリスロン錠6㎎を処方されることが多いです。

内耳の血流を増やし回転性のめまいを和らげる薬です。

耳鼻科の先生には睡眠を十分とり、疲れをためないように指導されます。

心にゆとりをもつこともめまい予防には大切なんだそうです。

ストレッチやウォーキングを心掛けたら以前よりめまいで寝込む回数が減りました。

いちどめまいを体験するとあのなんとも言えない具合の悪さはトラウマになりますが、最近は 大丈夫、一日休めば治るんだと自分に言い聞かせてめまいに打ち勝っています。

天候不順や忙しい時のめまいは耳のケアで対処しています。

年間でめまいがやって来るのは2・3回で、天候が不順だったり仕事やプライベートが忙しいなどの疲れたときや色んな要素が重なった時に症状が出ます。

めまいのことで病院や健康診断などを受けましたが、診断結果は異常なしだったので、薬などの対処はしていません。

私を含めて祖母も母もめまい持ちの家系なので、体質や生活習慣などが原因になっているのかもしれません。

ある時、疲れが溜まっていて整体に行った時のこと、疲れている時にめまいを起こすことがあると話すと、耳がとてもこっていると指摘を受けました。

整体で耳をこりをほぐしてくれて、家での対処法も教えて貰いました。

耳を軽くマッサージした後に、蒸しタオルで耳や首の生え際のところを温めてあげます。

蒸しタオルはやけどしないようにゴム手袋を使うと便利でしょう。

寝っ転がってリラックスしながらこの方法で、耳や首を温めてあげると、めまいの不快感が消えて、目を開けてみると、視界がクリアに広がっている感じがします。

めまいも以前より収まっていて、教えてもらってからはめまいも無くなりました。

吐き気や、耳を温めてあげても治らない場合は、病気の場合もあると思うので、病院に行くことをオススメします。

パソコン作業のめまいをは休息と食生活で対処しています。

私はよくめまいがして、体調を崩します。

特に長時間のパソコン作業や流れ作業の仕事をするとめまいの症状が悪化します。

最近までは、めまいがしても気にせず、無理やり仕事をしていました。

まだ若いし、病気ではなく疲れているだけだから問題ないと思っていたからです。

しかし、テレビで若い人のめまいも危ないという話を聞き、気を付けるようになりました。

めまいが起こったら、とにかくゆっくり休むことが大切です。電気を消し、パソコンやスマホの光も消しましょう!暗いほうが断然リラックスできます。

また、パソコンやスマホは人の脳を興奮させやすい性質を持っているそうです。

なので、寝る前1時間は使わないほうが良いです(めまいの対処法に限らず、疲れやすい人は使用を制限したほうがいいですよ!)また、休む時は、服を緩めましょう。

ときかく、楽になる必要があります!

また、めまいが起こらないようにするには、食生活の見直しが大切です。

私が特にめまいがひどかった時期は、ストレスがたまっていて、暴飲暴食していた頃です。

調べてみたところ、めまいの原因は、ストレス・タバコ・アルコール・暴飲暴食などでした。

このことを踏まえて、規則正しい食事をしましょう!また、過度なアルコール摂取も避けるべきです!

(岡山県 あんのさん)

私はぐるぐるめまいを漢方薬やトラベルミンで応急処置をしています。

わたしの場合、パソコン画面を見過ぎたときや雨降りや台風など気圧の変化が激しいときにめまいが起きます。

ぐるぐると目が回るような感覚で、頭を少し上げた状態でじっとしていると少し治まりますが、動こうとするとまた回るような感じです。

漢方薬を試したり、冷えを取ったりといろいろめまいをはじめとする体質改善に取り組んだ時期があります。

漢方薬は街の漢方薬局で薬剤師さんに相談して処方してもらいました。

効果はあったのですが価格も高価で継続できず断念しました。

冷えとりはちょうど流行中だったので、シルクの靴下を購入して重ねばきしたり、砂糖や刺激物の摂取を控えたり半身浴をしたり一年ほど続けました。

しかしシルク靴下が品薄になって手に入りにくくなりこちらもやめてしまいました。

どちらも続けていれば体に良いことはわかるのですが、飽きっぽい性格もあり続きませんでした。

しかし、しばらく体に良いことをしてきたせいかしばらくめまいで困ることがありませんでした。

体質改善されたのかもしれません。

あれからしばらく経ちますが、めまいは年に2、3回くらいに減りました。

つらいときは市販のトラベルミンなどの酔い止め薬で応急処置しています。

また余裕ができたら体質改善にチャレンジしてみようかと思っています。

(東京都 ぐるぐる子さん)

メニエール病のめまいをメリスロンというめまい止めの薬で対処しています。

私はメニエール病というめまいの持病があります。

診断を受けたのはもう7年前になります。

元々三半規管が弱かったのですが、不規則勤務と過度なストレスによって大きなめまいが発症しました。

当時は動くことも出来ず、気持ち悪くて嘔吐もします。

受診してめまい止めとプレドニン、利尿剤が処方されました。

内服治療は長く続きました。

定期的に受診していましたが、内服が合わず顔にブツブツがたくさん出ました。

さらに体力の低下もあり、仕事を続けることに対しても自信がなくなりました。

しかし徐々に回復し、仕事も気にせず出来るまでになりました。

メニエール病はとにかくストレスとうまく付き合っていかないといけません。

私の場合は睡眠のバランスが崩れた時、疲れた時に軽度のめまいが起こります。

後は、車の運転も負担になるので長時間は避けています。

普段から気をつけている為か大きいめまいがあってからはそこまでの症状は見られなくなりました。

しかし軽度のめまいや、気持ち悪さは時々起こります。

ちょっと怪しいなと思ったらまず無理はせずに休むようにしています。

そして軽度のめまいが起こった時にはメリスロンというめまい止めを服用するようにしています。


これは一回ではすぐに効かないので1日~2日にかけて服用します。

このようにして私はうまくつきあっています。

(島根県 しろしろさん)

>>ブレドニン錠の購入はこちら

>>メリスロンの購入はこちら

低血圧のめまいには軽い運動が効きます。

私は低血圧によるめまいに悩んでいます。

これが生理が来たときには2倍ぐらいの酷さになって現れます。

生理痛は鎮痛剤で緩和させても、めまいが苦痛で寝込むこともしばしば。

血圧を上昇させる薬も良いですが、結局は肝臓に負担をかけてしまうこともあり私は服薬をしていません。

少しふらつくときは、とにかく倒れる前にその場に座りこむ、を徹底しています。

あとは、動くときはとにかく急な動きを避ける。これは鉄則です。

あとは、調子がそれなり良好な時に軽い運動をしています。

ウォーキングがベストです。

結局のところ、足の方に行った血液を心臓に戻す力が弱いわけですから、第2の心臓と言われている足を強化してあげればいいのですから。無理のない範囲で歩けばいいですが、私のオススメはノルディックウォーク。

必要なものは歩ける服装とノルディックポールと呼ばれる杖が2本。

値段はピンキリと言う感じです。安くても機能には問題はないはずです。

これは、有名な通販サイトでも購入できると思いますし、スポーツ用品店に行くと売っています。

これは全身運動にもなりますし、ちょっと軽くめまいが来た時にもたれかかる杖にもなります。

もたれかかれるものがあると思うだけでも運動がし易いですよ。

低血圧のめまいは軽い運動や、食生活の見直しで多少は緩和されるので、無理のない範囲で是非トライしてみてください。

(愛知県 ねこさん)