目眩体操でめまいが軽くなりました。

私の家族は、父も母も、姉も私もよくめまいを起こします。

唯一、大丈夫なのは弟ぐらいかな。

なので、父は健康番組で「めまい特集」などがあると、必ず録画をしてみせてくれます。

私が一番めまいが酷かったのは30代前半の頃。

急にぐらりと来たかと思うと、立っていられなくなるほどにめまいがして、吐いたり、下ったりで忙しかったです。

その時は、トイレの前で横たわって、吐きそうになったら、這いずって便器前に移動する、という感じでした。

1週間位は横になったままだったかも。

でも、いろいろと情報をしいれたりして、目眩体操を実践するようになってからはそこまでひどくなる事はなくなりました。

私が実践している目眩体操は、仰向けになって天井を見ている状態で10秒。

それから、右を向いて10秒。

次はまた頭を戻して、天井を見てい状態で10秒。

次は左を向いて10秒。

次はまた頭を戻して天井を見ている状態で10秒。

こんな感じの繰り返しで、左右10回位、寝る前にやってます。

途中でいつの間にか眠ってしまっている事も多いですが、明らかにめまいがで伏せる率は減っているので効き目があると思います。

もっとも、めまいの原因は、いろいろとあると思いますので、まずは病院に行った方がいいと思いますけどね。

(茨城県日立市 ぴよさん)

私のめいまいの起こった時の対処法とサプリメント

見た目が骨格しっかりしている方で丈夫そうに見えるのですがめまいというか貧血もちだったりします。

今までやっていたバイトもパチンコやとか居酒屋とかで基本的に体力勝負という感じだったので疲れた時や生理中はよくめまいを起こしてました。

めまいが起こった時に無理に頑張ろうとするとふらふらして倒れそうになることもあったので、基本的にバックヤードに下がったりトイレに下がったりしますね;

土日は忙しい時間帯になりやすいので、予め周りにめまいが起こったらバックヤード下がったり、トイレに駆け込んだりしますっていうのを話して置くこともしました。

バイト忙しい時は周りの方の理解や協力はホントに大事!

きつい時にトイレに駆け込んで逃げたと思われないことは今後バイトを続けていくうえで大切ですね!!!

めまいがおさまったら水飲んで落ち着いて、市販のサプリメントのんでましたね。

鉄分とがビタミン系のもので今でもたまに疲れてめまいが来そうなときに事前に飲むようにしています。

なので、めまい予防にサプリメントは常に鞄にある状態にしています。

急になっても困るし、人前でなって迷惑かけることはなるべく避けたいので。

あと、良く一緒にいる人には予め話しておくことが大事だと思います。

相手がびっくりしない様に話しておくのもこちら側で出来る気遣いではないかと思いますよ。

(神奈川県 ☆N☆さん)

良性発作性頭位めまい症が病院の治療で2週間で良くなりました。

それまでめまいといえば、立ちくらみの時くらいしかなかったのですが、良性発作性頭位めまい症というものになったことがあります。

ある朝起き上がろうとしたら、視界がぐる~りと回転。

ああ目がまわる~と思って、もう一度横になりました。

頭を動かすと、やっぱり視界がぐるぐる回っている感じです。

しばらくすると少し良くなって起き上がったのですが、その日は一日中ふらふらした状態。

ネットで調べると、どうも耳鼻科に行ったほうがいいようなので、次の日に耳鼻科に行って検査してもらいました。

検査の結果、「良性発作性頭位めまい症」と診断されました。

耳石の位置がおかしくなることで起こる症状とのことです。

急に発作が起こると危ないので、症状がおさまるまで車の運転はしないようにと言われました。

対処法として、横になってゆっくり頭を左右に動かしてみたり、ゆっくりと起き上がったり、また寝たりといった動作を繰り返す方法を教えてもらいました。

一日に何回かやってくださいとのことで、寝る前などにやってみました。

1週間くらいはふらふらが続きましたが、だんだん症状が軽減され、2週間くらい経ってめまいがなくなりました。

予後は良好とのことで安心しましたが、めまいが起こると日常生活に支障をきたすものだということを実感しました。

(千葉県 手まり卵さん)

原因不明のめまいは首のマッサージでみるみる良くなりました。

私の母の話です。

朝起きた瞬間や疲れたなと感じたときにめまいに襲われるようになり立っていることも辛く横になって生活することが多くなりました。

私の祖母である母の母親は脳梗塞で亡くなっています。

祖母はもともと高血圧で何度か病院にも通っていましたが61歳の頃脳梗塞で倒れてそのまま帰らぬ人になってしまいました。

私の母は血圧がとても低く高血圧と言う症状は全くないようでしたが、自分の母親のこともあり脳ドックには頻繁に通っていました。

母が60歳を迎えてからは年に2回脳ドックに通っていましたので、脳には特に異常がないように思いましたが念のため脳神経外科行きCTをとってもらうことにしました。

様々な細かい検査も行ってもらいましたが母のめまいにつながるような症状が全くなく、脳外科の先生からは全く気にしなくてよいのではないかと言う診断を受けました。

しかしめまいと言うのはとても辛いようでどこか出かける気力もなくなってしまうようです。

車の運転が得意でどこにでも自分で運転して出かけていた母ですが、めまいに悩まされてからは運転をしなくなってしまいました。

首のコリをしきりに気にしていたためマッサージをしてあげたところ、症状はみるみる良くなりました。

それから定期的に首周りのマッサージに通い、今ではめまいの症状は全く起きないと話しています。

(茨城県 ビターさん)